Top page  1/35

尿道拡張

CATEGORY脳イキ
ステンレスのひんやりとした感覚が尿道を犯していく。


1番細いブジーがスーっと奥まで入っていく。


これは余裕ね…。



ともう少し太いブジーに変えられる。


こちらもすんなり奥まで入ってしまう。
出し入れされる時の感覚が気持ち良く声が漏れる。


奥を刺激される時。ブジーを全部抜かれる時。気持ち良さが増して大きく喘いでしまう。


心地いい気持ち良さと大きくくる刺激。
ゆっくりとドライに入っていく…。


そしてまた太いブジーに変えられる。



こんなに太いの怖い…


その言葉を聞きながらもるみ様は笑顔で入れていく。



またもやすんなり入ってしまいるみ様に笑われる。


こんなに太いのがはいってしまうなんて…変態ね。
どんどん広げてあげましょうね。

2020060513513494f.jpeg




さっきとは違い尿道が広げられていく感覚。中がパンパンになっているのがとても気持ちがいい。


るみ様の広げてあげると言う言葉にも興奮してしまう。



もっともっと広げて下さいとお願いしてしまう。



またさっきよりも太いブジー。

尿道の入口が広がるように入ってくる。
その感覚に大きなオーガズムを感じてしまう。

ゆっくり奥まで入る。
ブルブルと身体が震えながら悶え出し入れされる度に気持ち良さが増していく。

ずっとこの気持ち良さを味わっていたい…。



そして拡張される悦びと快楽にハマってしまう…。



20200605140136955.jpeg

再開しました

お待たせ致しました。昨日から営業再開!

初日からご予約ありがとうごさいました!
そして事前予約もありがとう‪‪❤︎‬


久しぶりにSMが出来て楽しい!そしてこれからもまた出来ると思うと嬉しい限りです。


しばらくはカウンセリング時に体温計ったりアルコール消毒やうがいをお願いしてます。
ご協力お願いしますね!


プレイ時にマスク着用も可能ですのでご予約の際にフロントに伝えて下さい。


マスク着用なのでナース服やオペ着でのプレイもいいですね❤︎‬


不安要素をなくして楽しくプレイしましょうね。


202006021310335de.jpeg



お休み中に作って頂いていた麻縄もようやく取りに行くことが出来たので新しい縄で拘束するのも楽しみ。


吊りや張り付けにされたい子はHOTEL更206、208号室かサザンクロスがオススメです。


別途交通費がかかってしまいますがご了承くださいね。

202006021326265ae.jpeg




身体を這う縄の感触。
蜘蛛の巣に捕らえられた虫のように
逃げようともがく程絡みつく。
そして身動きがとれない苦痛が快楽に変わっていく…



20200602133205a71.jpeg

営業再開

この度6月1日より営業再開が決定になりました。


プレイ中も御要望があればマスク着用も可能です。

勿論消毒、うがいなどは徹底していきます。
お客様にもご協力お願い致します。

緊急事態宣言も解除されましたが、まだ不安な世の中。
でも再開の喜び、性癖の解放を共に楽しみましょうね!


6月の出勤もアップしてあるので事前予約も可能です。

思いっきり楽しみましょうね‪‪❤︎‬




2020051809411834f.jpeg



20200518094019524.jpeg

アナがズム開発

CATEGORYアナガズム
射精とは全く違う快楽。

そして前立腺オーガズムや潮吹きとも違う。
至高の快楽。


時間をかけてゆっくり高めていく。

全身フェザータッチをしたり、乳首を弄ったり、フェチシズム要素も全てその快楽の為の刺激。


20200501151128640.jpeg



今まで味わった事のない頭の白さ。
全身に立つ鳥肌。身体の痙攣。

全身性感帯に変えられてしまったように敏感になっていく。

ゲージに溜まった気持ち良さが溢れてしまう時オーガズムに達する。


溢れ出す快楽。


そしてイク回数が重なる程深くイク。


立てなくなるくらいイカされても、また求めてしまうアナガズムの快楽。

嫌になる程イカされてもドライのスイッチがオフにならなくて身体が疼き欲しくなる。


刺激的で、でも心も満たされる多幸感。


抜け出せない様に私が開発してあげるわ!







202005011823240c7.jpeg

奪われる呼吸と心

息苦しさ、じっと耐えながら
不思議な多幸感を味わう。

頭がふわふわと繰り返される度に白くなる。


20200412185640b9d.jpeg




るみ様の柔らかくて白いお尻。

目の前にゆっくりと降りてくる。

視界が塞がれ、そして口も鼻も閉ざされて
暗闇の中感じる、るみ様のお尻の体温。


「お前は椅子、勝手に動く事は許されないのよ。分かってるわね?」

はいと心の中で誓い、じっと耐える。
まだるみ様の温もりを感じる余裕がある。


しかし限界が近付き手足がビクビク動き出す。


「椅子は動かなのよ。さっき言ったでしょ?」


視界が明るくなる。
呼吸を思う存分する。るみ様はこちらの顔を見て微笑む。

「さぁまだまだこれからよ…」


そしてまた視界が塞がれ呼吸を奪われる。


何度もそれを繰り返し、繰り返す度に長くなる時間。

苦しさから長く感じてるだけかもしれない。

けれど、限界を感じてから呼吸させて貰えるまで徐々に追い詰められてく。


「お前に呼吸などいらないわ」


顔が真っ赤に染まっていく。
そして頭の中は白く。

呼吸を奪われる事、解放された瞬間。絶妙なバランスで苦しさが快楽となっていく。


呼吸が出来ない時に訪れる高揚感。


もう駄目かもしれないと思ってから追い込まれる時間が更なる高揚を生む。



心が満たされてくのが分かる。



そうしてるみ様の呼吸管理に心を奪われていく…。



2020041219141595a.jpeg